EMS、DR機器導入に関する補助事業を開始

2022年05月23日

その他
 
 
 

東ト協では、令和4年度 エコドライブ管理システム(EMS)用機器・ドライブレコーダー(DR)用機器導入に関する補助事業を開始し、HPで発表している。補助対象機種は、東ト協会員事業者が使用する使用の本拠の位置が「東京都内」の事業用貨物自動車に初めて本年度導入(装着)する3年度要綱に定めるEMS用機器またはDR用機器。補助予定台数は1社15台までで、申し込み受付期間は令和4年6月から翌2月末までとなっている。

 
 

掲載情報を検索