新たに10トン車を導入しました

2019年10月14日

求荷
 
 
 

平車やユニック車がメインの宝伸(三宅秀樹社長、大阪府東大阪市)は、新たに10トンウイング車を導入しました。中京、関東方面の混載荷物などで情報交換ができればと思っています。下ろし先の都合に合わせて車両の手配が可能。また2トン、3トン、4トンユニック車の協力会社を探しています。ご連絡の時は「物流ウィークリーを見た」とお伝えください。電話072(968)6102番、担当=三宅専務。

 
 

掲載情報を検索